JR北海道の路線を考えてみた・・・(10)札沼線(学園都市線)

  • 2015.09.19 Saturday
  • 17:07

学園都市線、これはJR北海道の路線を考えるに一番面白い、というか・・・なんだろ?とにかく北海道の縮図じゃないけど大事な路線な気がします。

利用実績(2013)・・・
駅名 乗降客数 駅名 乗降客数 駅名 乗降客数
札幌 186,304 あいの里公園 3,808 豊ヶ岡 0
桑園 19,358 石狩太美 1,966 札比内 0
八軒 4,486 石狩当別 4,796 晩生内 0
新川 6,150 北海道医療大学 3,330 札的 2
新琴似 7,328 石狩金沢 8 浦臼 22
太平 1,552 本中小屋 12 鶴沼 0
百合が原 1,560 中小屋 6 於札内 0
篠路 5,678 月ヶ岡 0 南下徳富 0
拓北 4,792 知来乙 0 下徳富 0
あいの里教育大 7,926 石狩月形 174 新十津川 0

札幌〜医療大学は電化されました。完全に札幌都市圏輸送の一員でJR北海道の中でも外せない路線。1986年の輸送密度が全線で2,286となっているので南部区間だけで倍増以上になっているのはたいしたものです。

だが医療大学以北は放置プレイ・・・非電化単線で、特に浦臼以北は一日3往復。新十津川なんて滝川まで歩けるレベルだし浦臼〜奈井江も近い。浦臼以北はいつ廃止になってもおかしくないでしょう。

医療大学以北では月形に高校があり、浦臼からの通学生が50人程度いるとどこか(たぶん道新で)見た・・・学区は別だが特例学校に月形高校は確かになっている・・・まあ、50人だとバス1台分だが。

この路線、医療大学以北はナンバリングもされとらんし今でも廃止にならずあるのが不思議なレベル。
 
区間 輸送密度(2013)
桑園〜北海道医療大学 17,023
北海道医療大学〜新十津川 81

この南北の輸送密度の差は半端ないです。2013年度は江差線の木古内〜松前間は葬式鉄が乗りに来たため輸送密度が155あったためJR北海道の輸送密度公表区間のなかで北海道医療大学以北は見事に輸送密度ワースト1になっています。さらに細かく概算で計算すると北海道医療大学〜浦臼の輸送密度は140程度、浦臼〜新十津川は12程度のようです。輸送密度12は全国のJRの中でワースト2位の閑散っぷりとなります。その前にここより閑散区間が存在することが驚きだが(JR西日本の芸備線東城〜備後落合がワースト)。



並行道路は、石狩当別以北は国道275号が並行。代替道路未整備のため〜という国鉄民営化当時の理屈はこの区間には通用しません。雪は多いが災害は少ないから日高線のような廃止コースにならないだけで、真剣に廃止を考えた方がよいでしょうね・・・



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

「十六夜日記」より・・・

お客様は ブログパーツUL5 人目のお客様です! ありがとうございます!!

更新情報

For Twitter

For Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

酷道vs秘境駅
酷道vs秘境駅 (JUGEMレビュー »)
松波 成行,牛山 隆信

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM